バランスボールを使ったトレーニング方法

バランスボールで眠っていた体を目覚めさせよう! 日頃の運動不足、家で解消できます。

随分前に流行ったバランスボール、また再びの登場

最初に大きさですが、バランスボールは身長で大きさが決まりますが体格も足の長さも関係があります。 そしてボールの品質も結構大事なので、それも詳しく説明します。 ケガをしない為にはボール選びも大切で、活動に入る前にこの段階で手を抜くと後で後悔するような事になりますから、注意をもって選びましょう。

座るだけでも、効果の高いトレーニングができる

バランスボールは元々リハビリ用に作られたトレーニング道具ですので、初心者や、子供、高齢者にも無理なく続けられます。 正しく座り、その姿勢を維持する様に意識するだけで腹筋に効きますし、体幹トレーニングになります。 つまり「座るだけトレーニング」で、生活する為に必要、且つ重要な筋肉を鍛えられるわけです。

慣れてきたら、ほんの少しだけレベルを上げたトレーニングをする

正しく座れる様になり、座ったトレーニングをスイスイこなせる様になってくると、どうしたって「もう少し難しい技」をやってみたくなりますよね。 ですが、やはりココは慎重に。 子供等にありがちな「もっともっと」と調子に乗ってしまう事が一番ケガにつながりやすいのです。 ほんの少しだけレベルをあげて次に進みましょう。

家事の時短テクニック

お料理の時短技についてです。 一番良いのはつくりおきです。 つくりおきしておけば忙しい時にぽんとだすだけでいいのです。 調理に関しては電子レンジがよいです。 火が通りにくい食材もチンするだけで火が通ってコンロで火が通るのを待つ時間がいりません。 味が染みるのを待つだけでよいのです。

洗濯は時短できる

洗濯の時短技はぬるま湯のお湯で洗濯機を回すことです。 20度以上のぬるま湯は洗剤の力をいかんなく発揮してくれます。 さらに今の洗濯機って実は洗う時間が長すぎるって知っていましたか? 長い時間洗うよりも事前につけおき洗いをした方が汚れは落ちます。 洗濯の時間も短くなるのです。

掃除はここを抑えれば早く終わる

掃除の時短技はほこりに注目します。 ほこりとは人がいるところで舞い上がります。 ですから、人が寝静まって床に落ち着いている朝に掃除するのが一番効果的です。 朝に掃除機をかけてしまえばほこりも一網打尽にできます。 もし、自分で掃除機をかける余裕がなければお掃除ロボットに頼るのもいいでしょう。

料理はこうすれば時短になる

毎日やらなくてはいけない家事。
やらないわけにはいかないけれども、できることならさっさと済ませてしまいたいですね。
今回はそんな家事の時短テクニックを数多くご紹介しようと思います。
中には仕事で料理や掃除をするヘルパーさんから直接ご意見を伺ってきているものもあります。
家事のプロの意見ですから是非参考にされてみてください。

家事の時短にはさまざまな道具を使うことも有効です。
自動で掃除をしてくれるものもそうです。
家電になると高いのでちょっとしたアイデア商品なんかもいいですね。

家事はお願いこそされるもののやってくれるという人はごくまれで結局自分で人数分やらないといけません。
簡単なゴミ出しぐらいでもやって欲しいものです。
ですから時間もかかり大変なのです。
だからといってやらないわけにはいきません。

できるだけスムーズに手際よく済ませて時間を有効活用するすべが欲しいですね。
家事の時短について調べていくと興味深い内容が出てきました。
それは「賢くサボる」という一言です。

家事は辛く、面倒で時間がかかるという印象ですね。
ですが、手を抜くところさえ押さえておけば楽に済ませることができます。
時短の為に用意が必要なものはありません。
時短したいのに用意が必要だなんてナンセンスです。
なにをどうしたらより早く家事が終わるのかご紹介します。

毎日やらなくてはいけない大変な家事ですが今日から辛さ知らずになりますね。
簡単に済ませましょう。

▲先頭へ戻る